備前焼作家

  • 伊勢﨑 創 So Isezaki

    伊勢﨑 創So Isezaki

    土味をいかした花器、酒器、食器などを作ります。
    いつも丁寧に作ることを心掛け、使いやすさを大切にして作陶しています。
    備前焼の本質的な部分を的確に把握して、先人の知恵と伝統を踏まえながら、
    新たな備前焼の魅力を表現して行きたいと思っています。

    profile 伊勢﨑 創 So Isezaki
  • 渡邊 琢磨 Takuma Watanabe

    渡邊 琢磨Takuma Watanabe

    備前焼の伝統的技法を現代的視点で解体・リミックスすることで、
    今を生きる焼締め陶の在り方を模索しています。

    profile 渡邊 琢磨 Takuma Watanabe
  • 柴岡 久 Hisashi Shibaoka

    柴岡 久Hisashi Shibaoka

    "無釉焼締の備前焼は素朴な色をしていますが、
    料理を盛り付けてみると料理と器の双方が引き立たちます。
    使って頂いてこそ、良さの分かる焼物だと思っています。
    使い込む程に、土肌が滑らかになり艶を増し、愛着ある器へと育っていきます。
    末長く愛用していただける器とは、使う方の気持ちを考えた
    使いやすい器だと考え、土と向きあっています。

    profile 柴岡 久 Hisashi Shibaoka
  • 安藤 騎虎 Kiko Ando

    安藤 騎虎Kiko Ando

    備前焼は釉薬をかけない原始的な焼き物ですが、
    それだけに備前の土が本来持つ“機能性”など、「土の力」が宿っていると感じています。
    食の器と言うのは、料理を盛って初めて完成すると考えています。
    手取りが良く、気が付けば自然に手を伸ばし日々の暮らしに溶け込んでいる。
    そんな器を目指し、備前焼をもっと日常の食卓で使って頂きたいと
    願いながら、現在「安藤騎虎」と、食器を主にした「鳴瀧窯-narutaki-」、
    二つの展開で活動しています。

    profile 安藤 騎虎 Kiko Ando
  • 金光 教悟 Kyogo Kanemitsu

    金光 教悟Kyogo Kanemitsu

    薪窯で焚く無釉焼き締めらしさを出せるよう、
    土味を生かしたシンプルな作品づくりを心掛けています。
    さまざまな表現方法を用いてフォルムの美しさを出せるように
    追求していきたい。

    profile 金光 教吾 Kyogo Kanemitsu

飲食ブース

  • 利守酒造 [ 利守弘充 ]

    利守酒造[ 利守弘充 ]

    「地米・地の水・地の気候と風土」で醸してこそ、地酒は真の地酒たりうるのだ、
    と利守酒造は考えます。幻の米と呼ばれた「雄町米」を今日に復活し、
    米の旨味を十二分に引き出せる酒造りをモットーに
    米作りから酒造りまで一貫したつくりの蔵を目指しています。

    profile 利守酒造 [ 利守弘充 ]
  • トスティーノコーヒー [ 脇山賢一 ]

    トスティーノコーヒー[ 脇山賢一 ]

    初めまして、トスティーノコーヒーです
    コーヒーのある豊かな暮らしをテーマに世界中から厳選した毎日が豊かになる
    美味しいコーヒーと素敵なあれこれを岡山からお届けしています。
    岡山で大切に育てられた器、備前焼が味わいを変えるという特徴を活かした
    器で完成する新しいコーヒーと備前焼の形を提案しています。

    profile トスティーノコーヒー [ 脇山賢一 ]